「Bakhchi-Saray」というリトグラフの注釈で、Carlo Bossoliは、彼らが「古代タタールのクリミア半島の首都」と「カーン宮殿の広い中庭からの眺め」を描いたことを指摘しています。