ホワイトホース – ジョンコンスタブル

ホワイトホース   ジョンコンスタブル

芸術家の創造的な人生全体を通して、特定の風景のモチーフを理解するプロセスが続いていました。彼は自然の状態の多様性をつかむことを試みながら、戸外の絵画への彼のアプローチを徐々に発展させることを試みながら、日と年の異なる時に同じ場所を書いて描きます。

学者の細心の注意を払って、芸術家はファラデー自身が王立協会での彼の講演に出席するように、このように説得力のある成功を達成することで、特定の気候と大気の現象を掘り下げます。たくさんの雲のスケッチ – 光、太陽の光、または雨で一杯の鉛 – は、湿った英国の空気の振動運動の感覚を伝えるために、芸術家が自然の中で複雑な光の階調を理解することを可能にします。景観の本質の明るさと明るさを考慮したコンスタブル。

彼の作曲の重要な部分は空でした。そして、芸術家によれば、それは音楽的な鍵、スケールの尺度と風景の中の感覚器官でした。銀色、オリーブ色、真珠色、芸術家によって使用される赤茶色のプライマーが彼のパレットに特別な深さを与える一方、自然の中でのこの光の興味はパレットを明るくし、浄化する彼の絵を導きます。



ホワイトホース – ジョンコンスタブル