ベルト付きマドンナ – Benozzo Gozzoli

ベルト付きマドンナ   Benozzo Gozzoli

フィレンツェの芸術家Benozzo Gozzoliが、モンテファルコのサンフォルトゥナート教会のためにこの祭壇画を書きました。マドンナが天から降りてきたときのシーンを描き、彼女の死、埋葬、そして昇天の時には存在しなかった使徒トーマスに、何が起こったのか信じなかった、彼女の服からのベルトを渡しました。

彼女のクリスマス、ジョセフとの結婚、受胎告知、クリスマス、イエスの割礼、そして聖母被昇天という6つの作品をマリアの生涯からのエピソードとともに配置しました。ベートアンジェリコの弟子、ゴッツォリは、彼の指導者から、明るく、叙情的な作曲への愛を、透明で透明な色で書かれました。メアリーは天使たちに囲まれた雲の上に座り、そのうちの一人がリュートを演じています。ひざまずいて、ひざまずいて聖トーマスが彼女の手からベルトを取ります。

金色の背景はいたるところに浸透しており、繊細で豊かな色(青、ピンク、赤)を輝きで飽和させています。描かれている場面は空気で満たされていて、使徒が位置しているところの高い精神によってマークされています。下に置かれた神の母の生涯からの場面は彼らの決定において多様です。

「キリストの降誕」では、空間全体を占めるベビーベッドは、幼児から発せられる輝きによって照らされています。メアリーは息子の前でひざまずいて、両手を優しさで祈りながら腰を下ろして座って、彼の頬を彼の手で支えながらロバを持つ雄牛が主の方へ寄りかかって起こっていることの神聖さを感じながら、座っています。色、ライブポーズ、ジェスチャー、そしてキャラクターのムードを微妙に伝えることで、これらの画像は魔法のような感覚を呼び起こします。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ベルト付きマドンナ – Benozzo Gozzoli