ヘビ使い – アンリ・ルソー

ヘビ使い   アンリ・ルソー

ルーヴル美術館で展示されているルソーによる最初の絵画は、絵画「蛇使い」 – シュールなジャンルへの転換を大いに考慮している作品です。

芸術家のロバート・ドローンは、母親にルソーからキャンバスを注文するよう説得しています。ルソーは、植物界と熱狂的に恋をしています。彼はイーライドローンのインドへの旅についての物語に憧れをもって耳を傾け、そして神秘的な大陸の神秘的な魅力を染み込ませた絵を簡単に作り出します。

黒魔術師の魔術師は魔法のような魔法を持っていますが、逆に彼女の目は2つの明るい点であり、目を引く、そして安心さえしています。絵を見る視聴者は、蛇の数が徐々に増えていると自分自身を捕らえます、そして、彼らがここで自然な嫌悪感を引き起こさないけれども、それは爬虫類が命を吹き込み、さらには掻き立て始めているようです。実際的には、ルソーは動的な人物よりもまだエキゾチックな動物の移動に対処しやすい。

1907年の秋に行われたサロンは、ほとんど絵に反応しませんでした、マスコミは沈黙を保ちました、しかし若い前衛的な芸術家の間で、キャンバスは賞賛を引き起こしました。

ルソーを知っているだろう、1922年に彼の「蛇使い」が5万フランのために転売されるであろう…


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ヘビ使い – アンリ・ルソー