ヘアコーム – Edgar Degas

ヘアコーム   Edgar Degas

「髪をとかす」 – 創造性の後期に書かれた絵。そしてそれが作成されたとき、芸術家はいくつかのスケッチと、以前のパステルで作られた作品の1つを使用しました。

成熟した創造性の時代に、Degasはまだ創造的な実験を続けました、そしてこの絵はこれの証拠です。勇気は手紙のモノクローム、そしてプロットの元の解釈です。

ドガ自身は、女性が不可欠なものとして彼に興味を持っていたと言ったので、彼は常に行動、公正なセックスの気分、それらが様々な状況でどう振る舞うかに気づいた。

芸術家を代表する女性たちの人生の「正面」側だけを描くことを目指したわけではないので、彼は観客と一緒に会場にとどまることよりも、舞台裏を乗り越えようとしました。バレリーナのドレッシングルームにDegasが登場しても、誰もが混乱することはありませんでしたし、驚いたこともありませんでした。ここで彼は「彼」でした。

ダンサーの振る舞い、特にステージに登場する前の瞬間、Degasはアメリカから戻ってきて非常に興味を引くようになりました。

布はしばらくの間マティスに属していた。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ヘアコーム – Edgar Degas