プリンセスZ. N. ユスポワ – バレンティンセロフの肖像画

プリンセスZ. N. ユスポワ   バレンティンセロフの肖像画

バレンティンAleksandrovichセロフは1902年に美しく、優雅さに満ちた、プリンセスZ. N. ユスポワの肖像画を書いた。その実施形態では、その作業は、その実施においてある程度の複雑さ、責任、堅固さを有する。重要な人々、優れた人々の画像を作成する権利を得るには、高度なスキルが必要です。

絵が書かれている芸術的な方法のおかげで、些細ではない、珍しいイメージにもかかわらず、 “Princess Z. N. Yusupovaの肖像”は、伸ばされた身振りや発明された構図なしに、生き生き、普通の現象、真実で真実として認識されます。それとはかけ離れて、計画の構築はかなり自然で単純で、絵の本線は滑らかではっきりとしています。

キャンバスの配色も慎重かつ巧妙に選択されています。色合いは、穏やかで半透明な空気で選択されています。なぜすでに豊かなインテリアが輝いているのか。白、真珠層、真珠の色合いは、あなたが考慮したいと思う豊かで豊かなパレットを形成します。そして、それらまたは他のトーンのわずかな変化とニュアンスに注意してください。

頭のわずかな傾き、プリンセスの姿がわずかに前に押し出されたことは、実際の瞬間的な人生の絵が私たちの前に現れるという事実に役立ちます。そしてこの生活はゆっくりと美しいインテリア、豪華な装飾品の中の高価な家具、希少な布地、派手な模様の間を流れます。

プリンセスのイメージは、エレガントで表現力豊かで柔らかいです。白黒の組み合わせ、それらの持続的な相関関係は、ノードの「力のポイント」、光と影の「複雑さ」を形成する、写真の全体のリズムを構築します。

王女の肖像画は自然に見えます、それには人為的なものは何もありません、ある種の凍った、または不必要な動き。この点で、画像は調和しています、それは色のバランス、割合、黒の組成のアクセントによって区別されます。肖像画に描かれているものは、色の線によると、あるいは似たようなパターン、一般的なパステルカラーを持つことにより、互いに調和しています。

繊細で繊細な色合い、繊細な線は日本画とこの肖像画に関連しており、複雑な文化的倍音を持つ肖像画のイメージを与えています。その肖像画は、何よりも長く描くことなくすばやく捉えられた作品に似ているように、芸術家によって描かれました。

さらに、肖像画は特別に配置された照明を特徴としています。あたかも光が絵のすべての部分を取り囲み、すべての時空間の境界を埋め、必要な反射と輝きで形を豊かにしました。

肖像画は光、自信、派手ではなく、しっかりした威厳のある力の声明として役立つ。

適度なソフトカラーリングは、キャンバスのグラフィック性、その繊細さ、そしておそらくラインとシェイプの洗練を強調します。私たちの前には、貴族の白く輝く輝き、高級社会の輝きがあります。

バレンティンAleksandrovich Serovは王女のすべての素晴らしさを示しました、しかし、彼は芸術の美しさ、色の美しさに多くの人々の信じられないほどの素晴らしさを変えて、微妙にそれをしました。この想像されたすべてのセロフを通して、おそらく厳格で不寛容な壮大な王女だけではなく、彼は私たちがまだ理解できないがはっきりと見えている人物を描きました。



プリンセスZ. N. ユスポワ – バレンティンセロフの肖像画