ブルトンの風景 – エミールバーナード

ブルトンの風景   エミールバーナード

エミールバーナードは有名なフランスの印象派の画家です。彼はパリのコルモンアカデミーで学び、そこでA. de Toulouse-Lautrec、W. van Gogh、P。Cezanneに会いました。彼の研究の間、バーナードは日本の芸術、特に日本の彫刻に興味を持つようになりました。点描も彼の注意を引いた。

ポン=アヴェンで彼はゴーギャンに会いました。そして、その一般化された形をつくるという考えはバーナードを魅了しました、そして、彼は「合成」の理論的な理論的根拠を研究し始めました。バーナードのアイデアの本質は、想像上のイメージと装飾的なカラースポットを組み合わせることでした。芸術家によると、彼の主なものは「イメージの意味を明らかにする」ための単純化の欲求でした。「総合主義」の考えの影響の下で、バーナードはいわゆる「cloisonianism」の受容に目を向けました – 芸術家は色の点として働いて、はっきりした輪郭で閉じられて、そして形を作成しました。

バーナードはまたグラフィック、本の実例に従事していた。最も有名なイラストは、象徴主義詩人J. モレアスの「カンタイル」に作られた。1890年代に、芸術家は精神的な危機を経験しました。このとき彼は宗教画と神秘主義に目を向けました。他の有名な作品:「傘の下のブルトン」。1892年オルセー美術館、パリ。「粘土の水差しとりんご」。1887年オルセー美術館、パリ。「愛の森の中のマドレーヌ」。B. オルセー美術館、パリ。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ブルトンの風景 – エミールバーナード