ブランコに乗って – Nicola Lancre

ブランコに乗って   Nicola Lancre

フランスの画家Nicola Lancreによる絵画「ブランコについて」。塗装サイズ70 x 89 cm、キャンバスに油彩。芸術家は優秀な専門家、偉大な愛好家、そして絵画愛好家でした。

Lancreはしばしば彼の友人と一緒に芸術家Francois Lemoine、パリの貴族の大邸宅、絵画のコレクションと美術のコレクションのオーナーを訪ねました。特別な注意を払い、長い間、時には高貴な絵画コレクションの所有者による不快感さえも引き起こして、Nicola Lancreはルネッサンス期およびバロック期の古巨匠による絵画を検討しました。徐々に、Lancreは絵の中で微妙で賢明な専門家としての評判を得ました。

ある日、慈善家は元のレンブラントが保存されていたのと同じ古いフレームで祝福されたおとめと赤ん坊のイエスを象徴するこの絵画の壮大なコピーで彼を見せて、ランクルを体験したかったのです。キャンバスをちらっと見たランクルは、「絵の原本はどこにあるのか」と叫んだ。驚いた対話者が彼の発言の根拠を尋ねたとき、芸術家はすぐに彼が聖母マリアの袖の衣服のひだにいくつかの間違った影に気づいたと言った。間もなく持ち込まれた原本は、Lancreの判断を裏付けた。



ブランコに乗って – Nicola Lancre