ブライトンコメディアン – ウォルターリチャードシッケルト

ブライトンコメディアン   ウォルターリチャードシッケルト

1915年夏、Sikkertはブライトンのイングランド南岸で過ごしました。ここで彼の注目は「強盗」と呼ばれるコメディアンのグループのパフォーマンスによって引きつけられました。「強盗たち」は、堤防を歩いている人々の前で毎日いくつかの公演を行いました。シッカートは後で仲間の一人に、毎晩これらのショーに行ってたくさんのスケッチを書いたと言った。

ロンドンに戻って、芸術家は彼がすぐに売ったブライトンスケッチから絵を描きました。「コメディアン」は、シッカートによる一連のミュージカルホールシーンの続きと考えることができます。確かに、地方の俳優は「高価な」音楽ホールから彼らの同僚ほど優雅ではなく、由緒ある大衆を面白がっています。

しかし、本質的に、コメディアンのレパートリーはブライトンとロンドンで同じでした。漫画の歌、変奏曲、スキット、控えめな冗談。その衣装も、その多様性をすべて兼ね備えていて、バラエティーにあふれてはいませんでした。首都では、それはすべて “贅沢”でした。Degasの例に従って、Sikkertは自分のシーンで最も変わった視点と最も奇妙な照明効果を見つけようとしました。絵の鮮やかで豊かな色は、特に芸術家が色を逃したという事実によって説明することができます – 結局のところ、その直前に、彼はかなり長い間グラフィックスに従事していました。



ブライトンコメディアン – ウォルターリチャードシッケルト