ブゲロアドルフ

金星の誕生 – アドルフ・ブゲロ

金星の誕生はローマ神話の誕生と作家アドルフ・ブゲロの才能によるものです。フランス人、芸術家、学者のBugueroは聖書のおとぎ話の名人であり、彼自身のキャラクターのビジョンと19世紀後半の他の画家たちとは異なるスタイルを持っていました。現代の解釈にもかかわらず、彼の金星は女性らしさと美しさの古代ギリシャの基準のすべての規範を満たしています。愛、欲望、美しさの女神を彼女自身の柔らかく白い方法で体現して、Bougeroは彼女に少しエロチシズムとセクシュアリティを授けました。 そのような喜びと混ざって肉欲的な欲望の転送と生まれたばかりの金星を所有することの不可能のような望ましい結果を達成するために、著者は水曜日に女の子を勇気あるキャラクターと好奇心が強い恋人たちでいっぱいに置いた。裸の男の子の形をした天使の群れによる女神の誕生に伴い、アドルフ・ブゲロは人々が熱狂的な愛を震えていると感じるという感覚を作品に点在させました。作品の構成、主人公の配置、そして風景はソフトパレットと調和して生きています。一般に、全体像は容量いっぱいになっていますが、不必要な詳細でいっぱいになることはありません。

春 – アドルフブーゲロ

アドルフ・ウィリアム・ブーグローの絵画「春」は、春の解凍の誕生をユニークに解釈したものです。芸術家のキャンバスはとても明るく、愛と自然の目覚めの光が染み込んでいます。作家は若い乙女のイメージで自然現象を体現した。生きている生き物を装った無重力と無形の寓意性と擬人化は、勝利を収めながら常に困難な課題となっています。ブーガーシーズンの暖かい季節は絵の中心となり、それは触知可能で、薄いミルと透明な肌を持っています。これはそれです、これはSpring Bogeroです!絵の中の文字のレイアウトはとてもシンプルです。

市場から戻る – Adolph Bouguero

Adolphe Bougueroは、神話的、歴史的、聖書的、そして寓話的な主題について絵画を描いた19世紀のフランス人アーティストです。彼はサロンアカデミズムの最大の代表であり、そしてアカデミック絵画の形成の始まりに多大な貢献をしたアーティストです。彼の作品は、古典主義のスタイルで活動するアーティストに直接影響を与えました。

ビブリス – アドルフブゲロ

愛好家、そして古代ギリシャ神話の愛好家は、よく水に自分自身の反射を賞賛するために使用されていたナルキッソスという名前の美しい若い男の神話をよく知っています。このナルシシズムに怒っている美しさアフロディーテの女神は、それを美しい花に変えました。 数世紀後、ナルシシズムは心理学者の注目と研究の対象となりました。創造的な人々、芸術家、音楽家、そして詩人は、この副次的な影響を受けます。彼らは鏡を見る必要はありません

ラブインスピレーション – Adolph Bouguero

愛の霊感20世紀初頭の絵「愛の霊感」は、作家、人生の終わりに作者Adolf Bougueroによって書かれました。彼の最近の作品において、彼の経験と知恵のおかげで、Bougueroは特に感動的で愛情と暖かさに満ちたプロットをはねかけました。多くの損失を乗り越えて、芸術家は絵画の主題における感情を醸し出すことを目指しました。「愛を奮い立たせる」

音楽と文学 – アドルフ・ブゲロ

フランス人の作品の中で、アドルフ・ブーゲールの「音楽と文学」は、人間化されたタイプの芸術を描いていました。作者は彼の英雄に美しい体と普通の外観を与えました。それらは洗練された特徴と浸透する視線、女性らしさと同時に厳格さと剛性から織られています。 画家が行った文学や音楽は、ミューズや女神に帰属するものではありません。結局、ギリシャ神話の文学は、愛や叙情詩を含む多くのタイプの詩に分けて、いくつかの装いを持っていました。そしてEuterpeは、コマンドと音楽、そして歌詞の詩の結束でした。BougueroがEuterpeの完全性を分割したとは言えないので、このキャンバスのように、さまざまなアレゴリーやアバターへの彼の愛着について話すことは残っています。そして、2人の女性、2人の無生物アートの顔が、優しく分かりやすい視聴者のイメージでAdolf

ピアス – Adolph Bouguero

絵「イヤリング」は、有名な学者 –

フローラとゼファー – Adolph Bouguero

作品 “Flora

牧歌 – アドルフ・ブゲロ

このペアを見たとき、どう思いますか?畏敬の念と恥ずかしさ、興味と希望の継続。偉大なアドルフウィリアムブーグローのキャンバス “牧歌”は学術の全盛期に書かれています。合理的な美学の規範とXIX世紀の終わりの芸術の論理のおかげで、「牧歌」は本物と自然の外に出ました。人間関係の性質、わかりやすい顔、完全に地上の森、若者、美しい体

ウェーブ – アドルフブーゲロ

「波」 –