フローラ(フラグメント) – サンドロ・ボッティチェリ

フローラ(フラグメント)   サンドロ・ボッティチェリ

フローラ、芸術家サンドロBotticelli “春”による絵画の断片。フローラ – 開花と実を結ぶ自然のイメージ。冠、デイジー、ヘレボルス、ユリの谷、ワスレナグサ、マートルの葉、ツルニチニチソウ、ザクロの花、ケシ、キンポウゲ、花とイチゴ、バイオレットはフローラの花輪とネックレスで描かれています。Botticelliは植物を模式的に描いたと考えるのが通例です。しかし、絵画「春」の「植物」的側面を注意深く調べたところ、40種類以上の花やハーブがはっきりと認識されていることがわかりました。

ボッティチェリは、レオナルドのように正確な科学的観察に傾くことはしませんでしたが、初期ルネサンスの特徴である植物の条件付き解釈の原則には従いませんでした。芸術家はこれらの「小さな形」の自然の完璧さに喜びました。サンドロ・ボッティチェリは、バラ、白、淡いピンク、暖かい赤み、豪華ではかないを描くのが好きでした。彼の暗いヤグルマギクと黄色いコアを持つ白いヒナギクは星に似ています。ボッティチェリは、控えめなキンポウゲ、ワスレナグサ、スミレを花輪にし、イチゴと鮮やかなザクロの花を組み合わせました。

それはほとんど宝石類の美しさのネックレスとなった。装飾的な表現力を持つ植物の生きている魅力の危機に瀕しているというこのビジョンは、茎や葉の移動にも特徴的です。バラの花、茂みのカーネーション、ヤグルマギクは、絶妙な模様と織物の表面、そして文字の下の草原の「カーペット」に「織り込まれて」います。

作家のサンドロ・ボッティチェリは、色の象徴性を利用して、画像の意味的側面を強調しました。カーネーション、ヤグルマギク、オレンジの花は、この世の愛と結婚をテーマにしています。同時に、別の意味の線が築かれます。ユリ – 純粋の花、カーネーション – 神聖な三位一体の象徴、亜麻、小さなアスター – これらはすべて崇高な愛を示しています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

フローラ(フラグメント) – サンドロ・ボッティチェリ