フロスト – クロード・モネ

フロスト   クロード・モネ

クロード・モネは1880年に「フロスト」という絵を書きました。このアーティストは、風景を書くことで認められたマスターと呼ばれることができます。彼の作品は彼らの技術、色の組み合わせによって区別され、彼らは彼らの深さと隠された意味で視聴者を魅了します。彼の絵を見ると、彼は彼が自然の美しさに夢中であると結論付けることができ、彼は彼が絵の具の助けを借りてキャプチャしようとしたため、観客とこれらの印象を共有しようとしました。

この風景の中で、あなたはダイナミクスを感じることができます。照明が異なるため、色合いがすばやく変わり、それによって画像全体の外観が変わります。構図も、近くにあるすべてのもの、周囲の天気、およびさまざまなオブジェクトによって大きく影響されます。モネは特別なテクニックを使いました。それは風景のそれぞれのオブジェクトがそれ自身のフレアを持っているからです。画家は常に自分の絵を可能な限り現実的なものにするよう努めてきました。これで本当の成功を達成するために、彼は野外でほとんどの時間働いていて、生きているペンキ、あなたはこれらの色合いをよりよく表示することができます。

冬の寒い風景は太陽の光で飽和しており、その暑さは写真のあらゆる部分で感じられます。絵の中の太陽自体は見えませんが、芸術家は風景の各オブジェクトに彼の反射を見事に描きました。絵の性質はさまざまな色や色合いで描かれています。冬は見る人によって鈍くて単調な色に関連付けられていますが、実際にはそれはまったくそのようにはありません。白い雪の色は、グレーブラウンからライラックまで、さまざまな色を組み合わせています。キャンバス上のペイントの各ストロークはかなりボリュームがあります。これは表現力と安らぎの絵を追加します。このため、実際の性質は視聴者の目の前にあるようです。視聴者はこの設定での通常の風切り音、木の枝の揺れを待っています。

キャンバスの構成は特別に現実の小さな部分に似るような方法で構築されています。クロード・モネはこの作品を生命から切り離してキャンバスにのせ、この美しい冬の日を永遠にとらえます。風景のオブジェクトは明確な境界と輪郭を欠いています、これは彼らの自然さを強調するために特にされます。彼らはまるで彼らがいつもそこにいたかのように、彼らの周囲の空間に円滑に流れ込む。写真の色は傑作に選ばれています。アーティストはパレット上でそれらを混ぜ合わせるのではなく、作業中に絵の中に滑らかなトランジションを作成し、多くのレイヤーを重ね合わせました。したがって、鑑賞者がそれを賞賛する瞬間に、絵の中の色が混ざり合う。

当時、多くの人は印象派の美しさに対するビジョンを理解していませんでした。彼らの自然や世界全体に対する認識は、社会の定評のある意見とは根本的に異なっていました。社会が最終的に印象派の作品に染み込み、彼らが自分たちの作品に置いた意味を理解するまでには長い時間がかかりました。観客は芸術家が自分の作品に体現しているすべての印象を体験することができました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

フロスト – クロード・モネ