フレデリックリエルの乗馬 – レンブラントハーメンスヴァンライン

フレデリックリエルの乗馬   レンブラントハーメンスヴァンライン

オランダの画家レンブラント・ファン・レイン「馬に乗ってフレデリック・リエル」または「フレデリック・リエルの騎馬像」の絵。絵のサイズは282 x 248 cm、キャンバスに油彩。17世紀の50代後半から60代前半の芸術家の本当の肖像画では:多くの矛盾した絵がパトリシアンのJan Sixsのスケッチ、無名のTwo Negroesの中にあり、Rembrandtの矛盾の精神はDr. Deimanの解剖学の作品にも浸透している。 、別々の断片でのみ保存されます。

現時点では、おそらく、少数のカスタムメイドの作品のみが生まれました。最も重要なのは、2つのほぼ同時の構成です。皮肉な反対の中では、弁証法的な反省において、彼らは過去と現在、現実と真実、力と人間集団の境界を受け入れます。

これらの絵の深遠な内容は、その人、この「誤解」と「混乱」、この「それ自体の矛盾」、そしてそれでも「素晴らしいこと」、「真実を守ること」、そしてこの「不確実性の容器」です。 「この「宇宙のゴミと栄光」の過ちは、生命の確証においてますます強力になっています。存在の可能性は、スピノザの言葉の中で、この人が絶え間ない発達と彼自身の種類の形成において明らかにされるという彼の決定によってのみ決まります。

もちろん、このコンテンツは、言葉で表現されることは決してありませんでしたが、オランダ人アーティスト、レンブラントによって色と形で表現されました。それはヤコブの祝福の厳粛な沈黙の中で成熟し、それはそれが “アレキサンダー”の装甲で点滅する太陽のように、恐怖と非難のない騎士に絵 “ポーランドの騎士”と “フレデリックリエル”の勇士を変えます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

フレデリックリエルの乗馬 – レンブラントハーメンスヴァンライン