フランスの王フランシス1世の肖像 – Jean Clouet(Clouet、Jean)

フランスの王フランシス1世の肖像   Jean Clouet(Clouet、Jean)

Jean Clouetは、この大きな肖像画の中で、ルネサンスの金持ちのローブの中のFrancis Iを示しています。王陛下の伝統的な記章は王冠を省いた。真珠で飾られた白い羽の帽子、サテンの服、金で彩られた金、金の鎖の上のメダル、そして王様の背後にある高価な赤いダマスクの冠 – 私たちが王を持っていることを明確に示しています。贅沢な服、壁掛けは、フランスの偉大で賢い支配者の一人として認識されている、賢い、王の顔の断固たる表情を覆い隠しません。彼の細くなった青い目、彼の貫く注視、彼の暗い口ひげとあごひげは、彼の顔に非常に魅力的な魅力を与えます。

1515年に、オーリンズのチャールズの子フランシス1世がルイ12世に代わって王座に就いた。彼の統治は芸術と文学への特別な興味、そしてチャールズVの永遠の敵、彼が彼の努力をドイツの王子プロテスタントとSuleiman the Magnificentと結合して戦うために戦ったことを示しました。彼の治世は文化の繁栄によって特徴づけられました。フランス語はラテン語に代わって公式に宣言された。

ロイヤルカレッジがオープンし、全員に教育を受ける機会を与えました。州のアーカイブのためにすべての出版された作品のコピーを取ることをすべてのプリンタに義務付ける法律が可決されました。フランシス1世のもと、ルネサンスはフランスで始まりました。彼は真に普遍的な才能と守護者そして将軍の男でした。彼の莫大なエネルギーは、裁判所の陰謀、軍の発展、そしてコレクションの補充に十分なものでした。それはもともとフォンテーヌブローの新しい王宮に収容されていたフランスの国民的コレクションの基礎を築いたのは彼でした。

王は広い見通しと絶妙な味をしていました。1517年、フランシス1世はアンボワーズ近郊のレオナルドダヴィンチに定住し、1519年の彼の死の時に芸術家が持っていたすべての絵画は王によって受け継がれました。その中には、モナリザの有名な肖像画があります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

フランスの王フランシス1世の肖像 – Jean Clouet(Clouet、Jean)