フォレストレイク – ニコライロマディン

フォレストレイク   ニコライロマディン

Nikolai Mikhailovich Romadinは、独占的に暗い色調がはっきりとした絵を描きました。写真は森の茂みの真ん中にある暗い湖を表しています。湖の視覚的な奥行きはアーティストによっても達成されています。これもダークトーンを使用することによって実現されています。湖はとてもきれいで、小さなトウヒがその表面に反映されています。

湖の周りには明らかに目に見える植物の多様性があります。針葉樹、緑の小ぎれいなな木、それほどふわふわしていない、あなたは赤い山の灰と黄ばんだシラカバの木の茂みでさえ背景に見ることができます。品揃えで述べたように、食事に関しては、彼らはここにいます。

十分に大きな高さと体積を持つトウヒの木に気付くことは可能であり、それらと共に細いものと低いものの両方を立てます。この場所の暗闇も、写真の背景に見られるような通行不可能な密林を形成しています。この森を通って、一日の太陽の光だけでなく突破する機会はありません。

写真には色合いがたくさんありますが、最も優勢な色は緑色、つまり濃い緑色です。自然は秋に捉えられ、これは赤と黄色の色で示されます。色合いのパレット全体が深い意味を持っています。そのおかげで、森の中の湖のすべての美しさが完全に明らかにされています。

この謎を完全に理解し解決するためには、この湖とその全体の風景が描写されている豊かさと創造性の深さを感じることしかできないので、絵は森林湖の謎全体を完全には明らかにしません。

完全に調和した色と色合いのおかげで、絵は生きているように見えます。これにより、絵のリアリズムは非常に高く、風景のジャンルで絵を書くときに理解できます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

フォレストレイク – ニコライロマディン