フェリーエロいの湯 – コアマイトへ – 歌川広重地区

フェリーエロいの湯   コアマイトへ   歌川広重地区

広重はカヤバテ地区から始まる日本峡川を眺めることができます。それは「Miscanthic Warehouses」を意味します。これはmiscanthus杖で取引した商人の店でした、彼らは家の屋根を覆いました。Coamite Quarterの反対側には、さまざまな品物が保管されている倉庫が多数ありました。Coamite Quarterの埠頭には積載待ちの船があります。

シートの奥に紅茶の箱が積まれた目に見えるボートです。シートの左側には、立っている人でいっぱいの川を渡るフェリーがあります。左側の手前には大きな船の鼻があります。視聴者が後ろから見ている少女は、明らかに、交差点に向かっています。フェリーの名前は、平安時代末期の伝説的な戦士、水本佳恵の伝説と関連付けられています。

交差点の間に、嵐が起​​こり、船は沈み始めました、それからYesiyeはドラゴン – 水要素の達人をなだめるために水に彼の装甲を投げました。彫刻の2つのバージョンでいくつかの色の違いは主に彩度に関連しています。例外は、視聴者の注目を集めている、後期バージョンのボートからの濃い青のマークです。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

フェリーエロいの湯 – コアマイトへ – 歌川広重地区