ピエタ – ピエトロペルジーノ

ピエタ   ピエトロペルジーノ

ウンブリアの絵画学校の校長とラファエル・ピエトロ・ペルジーノの先生は絵画を作りました、例えば、提示されたものでは、特別な沈黙があります。イタリア語で「愛情、哀れみ」を意味する「ピエタ」という言葉は、彼女の膝の上にある死んだキリストの聖母マリアにとって、喪の場面を呼びます。

絵は、救い主の細長い体と半円形のアーチの2つの相互に均衡のとれた構図線によって支配されています。アーチ – 天の金庫室と世界の調和の象徴 – はすでにその構成にキリストの犠牲が無駄ではなかったことを強調する感情を紹介しています。

彼の顔 – 平和、聖母 – 、逃げることのできない深い憧れ、そしてジョン・エバンジェリストとその背後に立つ聖人の顔に – 「私の悲しみは明るい」という古典的な線で定義できる表現。悲しみとそれに伴う希望は、遠くの春の風景と描かれているすべてを包み込む黄金の空気の中の両方で感じられます。



ピエタ – ピエトロペルジーノ