ヒマラヤ(ブルーマウンテンズ) – Nicholas Roerich

ヒマラヤ(ブルーマウンテンズ)   Nicholas Roerich

美しさと知識、霊的な興味の探求はRoerichの人生と仕事の中で新しいページの始まりを決定しました。1923年12月に、彼はインドに到着しました。最古の仏教建造物で、その魅力の数から短期間で見直した後、Roerichは11のピークを持つ世界で最も高い山岳地帯のヒマラヤ山脈に急行しました。ヒマラヤ山脈の東部には、芸術家を魅了した古い修道院のある王女シッキムがいました。

ここで行われたヒマラヤとの待望の会議は彼を刺激しました。「ヒマラヤ人はけいれんだ、誰もが言うことはできない、これは薄暗い門だと言う人は誰もいないだろう、と言う人はいないでしょう。言葉は単調である。あなたはヒマラヤの雪の王国に入り、辞書の暗くて退屈な部分を正確に忘れてしまいます。」

芸術家の第一印象の1つはヒマラヤで表現された2つの世界の彼の感情に関連していました:「1つは地元の魅力でいっぱいの地球の世界です…そして山岳地帯の青い霧の中に入ります。この完成した絵の後に新しい超曇りの構造を見るのは素晴らしいことです。明るい雪が夕暮れの上、雲の波の上に輝いています。

絵画やスケッチの中で、Roerichは何よりも山の世界の素晴らしい風景の創作者として現れます。無数の岩の形、山の幻想、無限の豊かな色彩 – 青、深紅色、ビロードの茶色、黄色 – その他の山々、そしてそれらの上 – 青い空、ほぼ純粋なコバルトに驚いたのは当然のことではありません。そして白い円錐形。」一言でこれらすべてを修正して、Roerichは彼の絵に山の美しさを精力的に刻印しました。

最も頻繁に彼は彼らの輝く雪に覆われたピークの雄大な光景、山の巨人の宇宙力、かつて地球の表面を形成した自然の力の現れの大きさに触発されてヒマラヤを書いた。「最高の自然の美しさは、地球のかつての衝撃の現場で生まれた…無限の美しさは宇宙の痙攣によって与えられる」と彼は主張した。ヒマラヤ山脈 – 「雪の住まい」 – 彼のイメージには、無数の動機の中に、峰と拍車の力強い輪郭の無限の変化の中に現れています。熱意をもって、彼は異なる視点からそして異なる光の中で、世界で最も高い山 – エベレスト、ナンダ – デヴィ、特にKanchenjanggu、彼によって愛される「雪の宝物」を書きました。地元の信仰によると、彼女はユキヒョウの上に乗って、神の具体化です。

Roerichは彼が住んでいたKuluの北に上がるLahulaの山々と何度も書いた – Kuluの上にそびえる山々。彼は山の中の雪と山々の間の雲の波を描き、彼らの住人についての伝説に囲まれた山の湖 – ナガス – 賢者のように。大きな南の星が山の上に現れるとき、彼らの明確な形、周囲の輝きのある夜、または緑がかった夜の輝き。Roerichは山自体を称賛するのをやめませんでした、そしてその巨大な出現によって人の精神を高める彼らの能力:「山、山!あなたに隠されているどんな磁気。穏やかな象徴はそれぞれの輝くピークにあります。彼は告白した

Roerichのパレットは、濃いビロードのようなブルー​​の色調から、紫色、金色の、銀色の「月」のような濃い色まで、無尽蔵のように見えます。彼は、東洋で好まれている純粋で混合されていない塗料のコントラストを使用して、ヨーロッパの方法で同じトーンの微妙なニュアンスを微妙に展開して、多層カラーオーバーレイの深いルミネセンスを達成します。Roerichは絵ベースの様々なテクスチャ特性とそれをカバーしているテンペラの詳細を見事に使用しました。

彼はしばしば東の達人のレシピに従ってそれを特殊な接着剤と樹脂に練りました。山岳地帯の長さを強調するために、彼が最もよく選んだ彼の絵画やスケッチのフォーマットは水平です。山岳地帯をカラーの舞台裏のように描き、最も近い画像と最も遠い画像との間の多くの計画を「省略」することで、空間を構築しました。一般的に、彼はボリュームを平らにして、そして彼のお気に入りの装飾的な方法に豊かな可能性を与えて、「遠い」イメージを愛しました。Roerichは表現された山脈の力や壮大さ、あるいは山の青みがかった距離の広大なパノラマの広さを感じさせるために、物のスケールを表現的に比較することができた。

彼の作品に有機的に固有の記念碑、それは絵画、そして小さなスケッチに特有のものです。芸術家は、フォームを単純化し一般化し、細部を「打ち出し」、コンパクトな構成を構築する方法を巧みに知っていました。作品の大きさにかかわらず、それはパネルやフレスコ画の大きさに拡大することを可能にする可能性がある資質を持っています。この意味で、Roerichの風景は英雄的な音の絵に似ています。本の使用済み資料:V. Volodarsky “Nicholas Roerich”ホワイトシティ、202



ヒマラヤ(ブルーマウンテンズ) – Nicholas Roerich