パン – ミハイルヴルベル

パン   ミハイルヴルベル

絵画「パン」は、全会一致ですべてのヴルベルの作品の頂点であると認識されています。驚いたことに、芸術家は2、3日でそれを書いた!彼らはその推進力がA. フランスの物語「聖サテュロス」の読み物であると言っています。そして芸術家は最初彼の絵を「サテュロス」と呼んだ。

ギリシャの山羊足の神とロシアのLeshyはここで一人の人に団結しています。しかしそれでも、レシェゴ、そしてロシアの風景、そしてパンのイメージによるものです。このイメージはどこから来たのでしょうか、アーティストはどこでこのワイルドなカールが生い茂った丸みを帯びた茶色がかった青い目の顔をしたのでしょうか。誰もヴルベルのためにポーズをとっていなかったこと、そして彼がウクライナの村のどこかでそのような老人を捜したことがあるかどうか、または彼は単に古い苔状の切り株を見て月夜に彼に想像したかどうか – 不明です。

しかし同時に彼は絶対に幻想的です、彼は森の死んでいない、夜に失われるように見え、そして失われるように見えるものの擬人化です。灰色の切り株がかき混ぜ始め、毛むくじゃらしたコケの下で子羊の角が丸くなり、不器用な手が分離し、マルチバーのパイプを絞り、そして突然青い丸い目がリンのホタルのように開きます。まるで森のホストの静かな電話に応えているかのように、月は地平線、小さな川の表面、そして小さな青い花の上をゆっくりと青く輝きます。

ゴブリン – そしてこれらの果樹園と湿原の魂と体。彼の羊毛のカールは上昇する三日月形のようであり、手の曲がりは白樺の曲線を反映し、そして彼は地球、苔、木の樹皮および根からのすべての結び目があり、茶色です。彼の目の魔女の空虚さは、意識とは無関係のある種の動物や植物の知恵について語っています:これは全く自発的であり、経験を欠いている、痛い思いをしています…



パン – ミハイルヴルベル