パンとシリンガ – Francois Boucher

パンとシリンガ   Francois Boucher

フランスの画家フランソワ・ブーシェ「パンとシリンガ」による絵画。絵の大きさは80 x 110 cm、キャンバスに油彩。このブッシュの絵は、オービットの変身からの物語を示しています。ギリシャ神話のSyringaは、Artemisを崇拝し、それ故に彼女の処女を厳格に守ったナイアドである。

パンは愛にとらわれ、ニンフのシリンガを追いかけた。シリンガは追いかけていたパンからラドン川へ逃げ、そこで彼女は彼女の幼い姉妹と川の神からの助けを求めました。したがって、それはパンの野原と牧草地の神のSiringに触れるとラドン川の神によって葦に変わった。葦から羊飼いのフルートをパンカット。

Siringaは古代ギリシア人の楽器で、アルカディアの神Panに属し、同時にギリシャの羊飼いに属すると考えられていました。シリンガは以下のようにして行われました。彼らは7本の葦の茎を取って、それらをワックスで互いに結び付けました、そして、それが全範囲を持つことが可能であるようにそれぞれの管の長さは異なっていました。

Syringパイプがありました、そして、1本の幹から:この場合彼らはそれが現代のフルートでするのと同じ方法で、すなわち横の穴を通してそれを演奏しました。シリンガは現代の臓器の先祖でした。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

パンとシリンガ – Francois Boucher