パリ – ボリスオルロフスキー(スミルノフ)

パリ   ボリスオルロフスキー(スミルノフ)

彫像は1824年の石膏原版に従って彫刻家S. I. Galbergによって大理石に翻訳された。パリは、両親によって放棄され、クマに餌を与えられ、羊飼いによって育てられた、トロイの木馬の王子です。パリは力と美しさで彼の仲間の中で際立っていました。

アフロディーテの助けを借りて、彼はエレナを誘拐し、トロイに連れて行った。トロイの木馬戦争の終わりに、彼は毒矢で傷つけられて死にました。パリは、特徴的なフリジアの帽子をかぶった美しい、ひげのない若者として描かれていました。投稿 1897年にエルミタージュ美術館から。



パリ – ボリスオルロフスキー(スミルノフ)