パリの裁判所 – Sandro Botticelli

パリの裁判所   Sandro Botticelli

Художник изобразил мифологический сюжет. Парис – троянский царевич. Незадолго до рождения, его матери, Гекубе, приснилось, что она родила огонь, а предсказатели скажут, что у нее родится сын, и он погубит родной город Трою. Поэтому новорожденного сразу же бросили на горе Иде на съедение диким зверям.

しかし、神々はパリを守り、クマが彼女を養った。その少年は羊飼いによって発見されました。若いパリは力、知性と美しさで彼の仲間の中で際立っていました。ペレウスとテティスの結婚式で争いの女神エリスが組み立てられた客に「最も美しい」という碑文でリンゴを植えた。このため、ヒーロー、アテナ、アフロディーテの間で論争が起こりました。女神は、誰がリンゴを手に入れるべきかを決めるためにゼウスに頼みました。ゼウスは女神をイダ山に送った。そこでは彼の群れがパリを放牧していた。彼は、どの女神が「最も公正な」という称号にふさわしいかを決定しなければなりませんでした。

それぞれの女神はパリを彼らの側に説得しようとしました:ヘラは権力と富、アテナ – 知恵と軍事の栄光、アフロディーテ – を妻として地球上で最も美しい女性に提供しました。パリはアフロディーテにリンゴを渡しました。



パリの裁判所 – Sandro Botticelli