パトモスの神聖なるジョンのビジョン – コレッジョ(Antonio Allegri)

パトモスの神聖なるジョンのビジョン   コレッジョ(Antonio Allegri)

この壮大なフレスコ画でコレッジョの作品の2つの様式的な特徴を体現しました。一方では、それは高ルネサンスの特徴的な記念碑的なスタイルで実行されます。一方、微妙で現実的な人物の描写と作曲を活気づけたいという願望に現れたマナー主義的な特徴は、すでにそこに見えています。

その場面は、彼が亡命していたパトモス島の神学者ヨハネに向けられたビジョンとして解釈されるべきです。彼は黙示録の中でこのビジョンを説明しました。ドームの構成の側面には4人の伝道者がいます:ルカ、マシュー、マーク、そしてジョン。彼らの隣には教会の先祖の一人がいます。花のモチーフと繰り返し伝道者のシンボルで飾られた太鼓の上に、視聴者は使徒の姿を見ることができます。

その中には、神学者ヨハネがいます。しかし、他の使徒とは異なり、彼は雲の中に座っているのではなく、コーニスの後ろから見ているように描かれています。それで芸術家はジョンが参加者ではなく、ここで観察者であることを強調します。キリストの姿を取り巻く黄金の輝きのおかげでコレッジョはドームの中心部で驚くほどの空間の拡大を達成することができました。遠くから見ると、この金色の背景はほとんど単調に見えます。しかし、狭く見たことで、それが天使の黄金の頭で構成されていることを認識することは可能です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

パトモスの神聖なるジョンのビジョン – コレッジョ(Antonio Allegri)