バレンティーナ・ミランスカヤ – フランソワ・リチャード

バレンティーナ・ミランスカヤ   フランソワ・リチャード

フルーリー・リチャードの絵 “Valentina Milanskaya”は歴史的な筋書きに書かれていて、1407年にブルゴーニュ公によって殺された彼女の夫、オルレアン公の死を悼むミラノのバレンティーナを表しています。この作品は、ルイ・ダビデの学生であるリヨン学校のフルーリー・リチャードの代表者によって作成されました。

その作品は1802年のサロンで展示され、大成功でした。絵画を高く評価していた同時代の人たちの中で、まず第一に、彼は光の伝達における芸術家の熟達度に注目しました。”Valentina Milanskaya”は、後に “troubadour”絵画と呼ばれる新しい運動のマニフェストとして批評家によって認識されていました。

中世の詩から借りた用語は、この傾向の達人の主なテーマを概説しました。彼らはまた、フランスの騎士や悪魔のような詩人を描いた「美しい女性」についての詩の絵の言語に翻訳するようでした。Fleury Richard、Pierre Reval、Jean-Antoine Laurent、Francois Marius Granet、その他多くの人がこの傾向を扱いました。彼らの絵は、文学では「歴史的な冗談」のジャンルとして、また同時にロマン主義の前兆として考えられています。フルーリー・リチャードは、パリのフランス記念碑美術館で見たバレンティーナ・ミランスカヤの墓石に非常に感銘を受けました。彼の作品では、リチャードはこのモットーを巻物に再現しました、テーブルとヒロインの対応する悲しい状態の上に横たわる。彼女は1年間夫の死を嘆いた後、1408年に彼女は死んだ。未亡人の隣には犬もおり、飼い主の喪失も経験しています。

窓の上部では、2つのユリが側面に見えます – そして青いヘビ、そこからValentina Milanskayaは来ました)。写真の最初の所有者、Morinは、フルーリーリチャードに彼女の作曲を命じました – 「チャールズ7世はアグネスソレルに別れの詩を書いています」。1805年、皇后ジョセフィンはミラノのバレンティーナを買収しました。1814年に、キャンバスはEugene Beauharnais、ロイヒテンベルク公国、Eikhstatt王子によって継承されました。それから – 1839年にニコラス1世の娘と結婚した彼の息子マクシミリアン、1839年または1853年に、ロイヒテンベルク公爵のコレクションと共に「ミラノのバレンタイン」は、ロシアで終わった。ロシアでの彼女の滞在についての最後の言及は、1904年の「リオニアの芸術家の回顧展」カタログに含まれています。

作品についての最も詳細な情報は、M.-Kによる「絵画におけるトルバドールのスタイル」で与えられています。1917年の革命以前には、Leuchtenbergコレクションの多くのアイテムが外国のコレクションに売られていたと信じていたHermitageのフランス絵画の元キュレーターであるVN Berezinaの意見に言及して、Richardの絵画が消えたと考えたChadonre。現在判明しているように、行方不明のLeuchtenbergのすべての絵画が海外に消えたわけではありません。特に、フルーリーリチャードによる二つの作品 – “ミラノのバレンタイン”と “チャールズ7世はアグネスソレルに詩を書いている” – はまだロシアにあります。1998年、 “Valentina Milanskaya”は一時的に州立美術館に置かれました。A. プーシキン、そして1999年に購入のためにエルミタージュに提供されました。

作品の裏側には碑文とステッカーが貼られており、その起源はLeuchtenbergの公爵のコレクションから証明されています。この帰属は、州エルミタージュ美術館の主な研究者であるA. A. バビン、美術史の候補者に帰属します。エルミタージュ美術館にとって、フルーリー・リチャードが以前はエルミタージュ美術館のコレクションに含まれていなかったため、 “Valentina Milanskaya”は特に興味深いものです。写真自体は博物館の歴史とユージーン・ボーハルネのコレクションに関連しています。有名なMalmezonskiyサービスの一部として、現在はエルミタージュ美術館に保管されていますが、この絵をイメージしたプレートがあります。



バレンティーナ・ミランスカヤ – フランソワ・リチャード