バッカス – ミケランジェロ・メリシ・ダ・カラヴァッジョ

バッカス   ミケランジェロ・メリシ・ダ・カラヴァッジョ

Michelangelo da Caravaggio – 絵のように美しいバロック様式で働き始めた人々の一人であったイタリア人アーティストは、彼の人生のかなり穏やかで穏やかな期間に “Bacchus”を書きました。これは、このキャラクターのカラヴァッジョが先に描いたのですが、力強さに溢れているわけではなく、酔った顔をした病気でややぼろぼろの男でした。

写真はギリシャの神バッカスをイメージした若い男性の肖像画です。彼は黒い服を着て白い服を着て、半分服を着て、その最後はバッカスが右手に持っています。彼の左手で、まるで観客にごちそうに参加するように誘っているかのように、ワインでいっぱいの広いガラスを伸ばします。神の前のテーブルの上にはフルーツのボウルとワインの大きな腹のボトルがあります。

バッカスは健康的で筋肉質で、頬は健康的で負担のない人の赤面で輝きます。しかし、彼の顔はふっくらとした女性的なもので、彼の目には、神秘的な飲み物の仲間との戦い、あるいは食器の夢の中で、結果として何が起こり得るのか知られていない酔っ払いの憧れしかない。若い男性の黒いタールの髪は人工のように見えますが、それは本当かもしれません – アーティストによるかつらの使用についての言及があります。

バッカスは白いベッドカバーの上に座っていますが、それは長い洗浄の縞模様の枕 – いくつかの不純物の象徴を妨げることはありません。ガラスを持った少年の手は、長い間洗われていないようで、爪の下に汚れがたまっています – それは古代の神の手よりも不揃いの手のように見えます。

ほとんどの場合、テーブルの上の果物は投げるのに適しています – それらはしわくちゃにされて、噛まれます、そして、それらのいくつかは腐っていてトラックによって台無しにされます。彼らのプレゼンテーションを失い、それらの間に横たわっている手榴弾は、純粋さと無実の喪失の象徴です。



バッカス – ミケランジェロ・メリシ・ダ・カラヴァッジョ