バスティーユ – コンスタンティンコロビン

バスティーユ   コンスタンティンコロビン

夜間のパリのコロバンの風景を見ていると、見る人は街の不思議な空間に飛び込み、店の窓は明るくなり、色とりどりのランタンの光がカラフルな万華鏡の光と影を作り出します。

街の通り自体の人工照明は、それ自体がエンターテインメントの瞬間を強調し、非常に現実的な動機をもたらします。確かに、1900年代の芸術家の作品のロマンスについて言えば、このロマン主義は描かれた物の中で追求され、芸術家の想像力によって創造されたものではないということを常に心に留めておくべきです。



バスティーユ – コンスタンティンコロビン