ハールレム – ヤコブ・ファン・ルイスダルのビュー

ハールレム   ヤコブ・ファン・ルイスダルのビュー

オランダの画家Jacob van Ruysdaelによる絵画「View of Harlem」。塗装サイズ36 x 45 cm、キャンバスに油彩。1655年頃、Reisdalはアムステルダムに移住しました。この動きがマスターのスタイルの新しい変化と同時に起こったので、アーティストの絵はより豪華で雄大になりました。

実は、Jacob van Ruysdalによる小さなストロークでの書き方は、風景のモチーフに見られるさまざまな形と、同時に彼らの感情的な経験、芸術家による比喩的な認識を特徴付けるものです。

おそらく、Reisdalの新しい絵画スタイルでは、首都での絵画愛好家、彼の絵画の将来の顧客を喜ばせたいという欲求のほんの一部もありました。さらに、この時期には、雲で覆われた有名な「レイダロフスキーの空」が芸術家の風景の「主役」になります。しかし、天球は詳細からReisdalの注意をそらすことはありませんでした。

そのような “ウェイクインウェイク”、 “小麦畑”などの画家の作品だけでなく、オランダの田舎の平野をイメージしたハーレムの街の彼の多数の景色は、どんどん良くなっていった。

ハールレムの景色の地平線は常に低く、遠くにあります、絵の大部分は雲に覆われた広大な空によって支配されています。芸術家は細かい地形の正確さで風景を描きました、彼の絵に取り組んでいる間、彼は常に非常に特定の観察に基づくことを試みました。



ハールレム – ヤコブ・ファン・ルイスダルのビュー