ハーモニー – フランクディキシー

ハーモニー   フランクディキシー

過去何世紀にもわたって、人類はタイムマシンを発明しようとするために、不死の霊薬、哲学者の石を探すのをやめていません、あなたは決して知りません!調和を探ることと同様に – 内側と外側の両方で – 常に人類の多くの代表者たちの大切な夢でした。

おそらく、最も調和のとれた時代の1つは、古代と古代、精神的、そして肉体的、そして低いと高いという、すべての始まりが人々の間でバランスが取れているように見えたギリシャ時代の歴史における古典の時代でした。音楽の音もカタルシスに近い感覚 – モラルショックと魂の浄化 – を引き起こすことがあります。オルガンの音が「生きている」のを聞いたことのある人は、これらの言葉を確認するでしょう。オルガン音楽は変わっていないようです、非人道的です。

芸術家フランク・ディキシーが絵を呼んだからであるか?それは2つを描いた – 男と女が器官で何かを実行している、すなわち「ハーモニー」。女の子は非常に触発されています – まるでそれらの音がそれらによってではなく神自身によって引き出されているかのように、彼女は彼女の指の下の鍵さえ見ません。彼女の視線は壁と空間を通ってどこかに向けられ、彼女はここにはいないが、音と一緒に夢と調和の世界に運ばれる。

若い男は注意深く彼女自身を観察し、あたかも彼がある衰弱しているかのように、ロダンの思想家のポーズで描かれています。巨大なステンドグラスの窓のおかげで、芸術家とシーンを “スパイ”させた寺院のスペース。ステンドグラスの窓自体はモザイクの形で装飾されており、その上に赤ちゃんが手に入った神の母の姿が推測されます。したがって、ゴシック様式の寺院の内部空間は文字通り私たちの目の前で離れて動いています。左下隅に – 常緑の花瓶。それはミニチュアのリマインダーとして機能します。時間はどこにも行きません、私たちは残しますが、自然と芸術は永遠に続くでしょう。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ハーモニー – フランクディキシー