ハンプトンコート – アルフレッドシスレーの近くのモールジーのダム

ハンプトンコート   アルフレッドシスレーの近くのモールジーのダム

ハンプトンコート近くのモールジーのダム[1874]シスレーはいつも川の近くに住みたかったので、芸術家が恋をしているように見える水は彼の絵の不可欠な要素です。それが通常の「池」の形になっていなくても、それはまだ存在し、雨や雪に変わります。

水は、その変動性を伴って、印象派を一般的に引き付け、彼らにとっては地上の「等価な」空となっています。モネにとって、どんな池も劇的なプロットの源となり、自分自身をキャンバス上で激しい要素に変えました。シスレーの水はずっと穏やかに見えます、そして私がそう言うことができれば、人に対してより友好的です。それは、水道、水道、ダムを建て、その存在を崇高なものにし、それを彼の作品の別の応用分野に変える人間の存在によって活気づけられています。

上記の実例として、シスレーの二つの絵画 – “ハンプトンコート近くのモールジーのダム”と “アルジャンティーのセーヌ川”、1872年を紹介します。シスレーが人生の終わりに描いた海景の中の水のイメージはいくらか変化します。これらの作品の中で、彼は情熱に圧倒されたロマン主義者として話すのはほぼ初めて、彼のいつもの落ち着きを失います。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ハンプトンコート – アルフレッドシスレーの近くのモールジーのダム