ハンブルク港 – Albert Marquet

ハンブルク港   Albert Marquet

ハンブルクでは、マルケは1909年の冬に住んでいました。1910年、マルケのハンブルク港の13種がDruhe Galleryの展示会に展示されました。

絵はエルベの北の腕を描いています。背景には税関運河沿いのピンク色の貯蔵施設があり、中央にはセントキャサリンとセントマイケルの大聖堂の尖塔があります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ハンブルク港 – Albert Marquet