ハンセン病に襲われた王Uzziah – レンブラントハーメンスヴァンライン

ハンセン病に襲われた王Uzziah   レンブラントハーメンスヴァンライン

絵は「東洋の服を着た男の肖像」と呼ばれていますが、ユダヤ人の王ウジヤがここに描かれていて、大祭司の服を着て、お香を焼いてエルサレムの神殿にあると信じるには十分な理由があります。

そしてすぐに彼は罰を受けました。神殿の金庫室が地震から開放され、神の光線がハンセン病でオシヤを襲いました。強い内部ストレスは暗い顔の特徴で表現されますが、握り締められた指ではなおさらです。

顔の灰色の斑点は明らかにハンセン病を示しています。アムステルダムで疫病が猛威を振るったとき、肖像画は非常に局所的でした。その周りに絡みつくヘビはおそらくエジプトの処刑を象徴しているが、Uzziaの背後にある青銅や金のオブジェクトの必要性はかなり疑わしいように思われる。



ハンセン病に襲われた王Uzziah – レンブラントハーメンスヴァンライン