ハレオ – ジョンサージェント

ハレオ   ジョンサージェント

“Haleo”はスペイン語から “ノイズ、クラッシュ”として翻訳されていますが、ダンスは同じように呼ばれ、その間に観客は叫び声と拍手で演奏者を応援します。サージェントは1879年にスペインへの彼の旅行中に作られた図面に従ってこの絵を描いた。

キャンバス上の直接の作品はパリのワークショップで行われ、フランスのモデルはダンサーとして芸術家のために提起していました。”ハレオ” – サージェントの最大の絵の一つ。彼は肖像画だけでなく、複雑なマルチフィギュアコンポジションも作成できることを証明したいと思い、彼はそれをサロンのために特別に書いた。

さらに、アーティストは展覧会で展示された他の何十ものキャンバスの中で見る人がそのような大きくて鮮やかな絵に確かに気付くだろうと予想しました。彼は作曲「ハレオ」を長い間そして慎重に考えたが、作品自体は彼にかなりの時間をかけた。それは広く自由な方法で書かれていて、そしていくらか油のスケッチに似ています。Sargent自身が「Haleo」を好まなかったこと、そして後でこのキャンバスを「私の鈍い古い絵」と呼んだことに注意すべきです。



ハレオ – ジョンサージェント