ノルマンディーマーケット – セオドアルソー

ノルマンディーマーケット   セオドアルソー

絵画のスタイルと風景をモチーフにして判断した「ノルマンディーの市場」は、1830年代初頭にフランス北部を旅したルソーによって書かれました。すでにこの時点で、若いアーティストは、彼自身の確信を持って、自然からの慎重な仕事の支持者としての単純で普通の風景の画家として定義され、合理的に配置された「歴史的」風景のワークショップでは働きません。

フランスの村のささやかな性質は彼のお気に入りで唯一の話題でした、都市景観はルソーに興味がありませんでした。「ノルマンディーの市場」 – そのような例外に対する例外。これは彼の忠誠心を裏付けるものです。第一に、ルソーはここではうるさいと騒々しいブルジョアの都市ではなく、古い地方の町の隅を描いています。

第二に、この特別な、ルソーの町は時間外に住んでいるかのように、Oberの崖やBarbizonの木立が書いているのと全く同じように書いています。彼のブラシは最も柔軟な色合いで利用できます:彼は完全に彼らの中に光の透明な影と色の柔らかい、落ち着いた変化を書くことができます。

しかし、ルソーのスタイルは、彼が緻密で目に見える質感を持つオブジェクトを描くときに、特に表現力が強くそして強くなります。家の壁が折りたたまれている古い石、梁と支えの暗い木、屋根の険しい斜面の上の帯状疱疹の小さな波紋、石、不均一な土 – これらは芸術家の日常生活としてではなく、無尽蔵の多様な世界の生き肉として存在します。それは市場のテーブルに立っているか、静かなスローモーションでそれらの間を移動するそれらの小さな人間の数よりも重要ではありません。

しかし、ルソーにとってどんな細部の正確さがどれほど重要であっても、彼の現実​​的な観察がスケッチに対する精力的な仕事を磨いたとしても、彼にとって最も重要なのは風景を詩的なイメージに変えることです。芸術家は彼の幼い頃にエルミタージュの絵を描いた – 彼はおそらく約20歳だった – そしてこの若々しい新鮮さと知覚の明瞭さの欠如は風景に柔らかい魅力と叙情的な暖かさを与えた。絵画は美術アカデミー美術館から1922年にエルミタージュ美術館に入りました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ノルマンディーマーケット – セオドアルソー