ニューオーリンズのコットンオフィス – Edgar Degas

ニューオーリンズのコットンオフィス   Edgar Degas

ドガはニューオーリンズの彼の親戚への旅行の間にこの絵を書きました。彼のキャンバスのために彼によって選ばれたプロットはビジネスオフィスです – すべての芸術家は以前それを慎重に避けました。

キャラクターの正確な肖像画は、ビジネス環境の雰囲気にDegasを完全に適合させます。全体像は、現代のDegas画家の作品のほとんどというよりはむしろEmile Zolaの小説と重なる、日常生活の生きたスケッチです。当時、ニューオーリンズはアメリカ合衆国で4番目に大きな都市であり、港として、同国の主要港であるニューヨークと競合していました。

都市の繁栄の基盤は綿花貿易でした。ドガは友人に次のように書いています。「綿1本。ここにいる人は全員、綿と一緒に、綿のために住んでいます。」写真の前景には、綿の証券取引所ブローカー、Michel Mussonがいます。芸術家の兄弟ルネ・ド・ゴースは新聞を読んで描かれているのに対し、彼のもう一方の兄弟アキレス・ド・ガウスは左の背景の仕切りに寄りかかった。ルネとアキレスはニューオーリンズにワインを輸入することに従事していました、そして、ドガは彼らの成功を誇りに思いました。ここでは、叔父の事務所で、彼らはしばらくの間覗き込んだだけで他のみんなが忙しく働いている間は遊んでいた。

この作品は自発性の印象を与えますが、その構成はすべてのDegasキャンバスと同じくらい慎重に考え出されました。例えば、黒塗りの人形は、背景から明るく目立つように、また写真からはみ出すように配置されています。



ニューオーリンズのコットンオフィス – Edgar Degas