ナポリの新聞読者 – Orest Kiprensky

ナポリの新聞読者   Orest Kiprensky

Kiprenskyの作品で際立っているこの傑作は、まだ完全には理解されていません。「読者」によって読まれているフランスの新聞の名前、そして彼らを大いに邪魔しているメッセージの主題、「Pologne」が見えます。それは、1830年11月に暴動が勃発し、1815年の憲法制定が廃止されたことで終わった、1830年11月にポーランドで起こった事件について話しています。

ヨーロッパの新聞はそれから独裁政権の「タタールの残虐行為」について多くの騒ぎをしました。しかし、ロシア社会は何が起こっているのかの評価を分けています。例えば、プーシキンは、「ロシアのSlanderers」という詩を書いたことで、完全に皇帝の側を占めました。絵について起こる主な質問 – それに描かれているのは誰?それに答えて、私たちはその病理を理解するでしょう。

その著者の一人は、「ロシアの旅行者」について話しました。しかし、おそらくそうすることによって、彼は故意に故郷に力を注いだ観客を誤解させました。いずれにせよ、私たちがポーランドの革命家たちの前に持っているという意見があります。私たちのヒーローは、ブライロフと対戦するために、二度と考えずに集団の肖像画を書くことを想像していました。これは1829年にイタリアに戻った直後に後者に明らかになった。計画を実行する過程で、「新聞の読者」の作者は「トレッドミル」で走ったわけではありませんでしたが、競争はかなり面白かったです。

Kiprenskyの集団の肖像は、それ自体独立しているが、それについて誰にも尋ねずにジャンルに変わったという事実に加えて、正式な意味で完全に革新的であることがわかった。この興奮と集中的な注目が同時代の人々のつまずきとなったのは、ポーランドのイベントがロシアの多くのアイドル旅行者にとって非常に興味深いとは信じられなかったためです。「ポーランド国籍の人々」について話しました。絵の中の人物の一人がアダム・ミツキェヴィチであるという事実さえ、そのロシアに対する嫌悪は誰にでも知られていました。

ニコラス皇帝私はそのような解釈を支持しませんでした。1833年秋に開催された学術展示会で、イタリアの芸術家に彼の絵画の公募展示について知らせた芸術アカデミーの学長A. Oleninは、次のように述べています。私たちのアーティストは、この傑作の基礎となっていたグループの注目を再現しようとしていましたが、左に描かれている2文字で止まりました。



ナポリの新聞読者 – Orest Kiprensky