ナイトテラスカフェ – Vincent Van Gogh

ナイトテラスカフェ   Vincent Van Gogh

キャンバスは有名な芸術家ヴァンゴッホによって1888年に作成されました。キャンバスは夜の通りのほんの一部を示しています、設定はかなり暗いですが、芸術家は絵に取り組むときにまったく黒の塗料を使用しませんでした。しかし、この事実があっても、視聴者は写真が夜ではないと信じさせることはできません。

この作品は、アルルにゴグが住んでいたときに作成されました。彼の作品のこの段階は黄色で飽和していて、それにこのアーティストは関わっていました。この写真も例外ではありません。あなたが注意深く絵を調べるならば、あなたはこの色を感じることができます、それが毎日の心配と混乱を払拭するために仕事の深さから来る明るく暖かい感じを含むと感じます。

彼の創造的な仕事のこの期間中に、ヴァンゴッホは絵画の彼のスタイルを根本的に変えることに決めたバージョンがあります。彼はワークショップでこの絵を描いたのではありませんでしたが、夜に路上で絵を描いて後で描くよりもここで絵を描くほうが良いと思いました。特別になる。夜の仕事のための芸術家は彼の帽子にろうそくを付けたと噂されています。もちろん、これに関する証拠はありません。これは、画家の手紙に書かれている一つの言及です。

この絵のプロット、多くの批評家や科学者は、かなりよく知られている絵 “Avenue de Clichy、5 evenings”に似ていると信じています。これらの絵は非常に似たような構成をしています。ゴッホのキャンバスはより暗く見えますが、両方の絵に存在する照明も非常に似ています。

この絵は親切で前向きなメッセージを伝えています。光のイメージには色がよく選ばれているので、絵は熱を放射します、見る人にとってはそれを見るのは楽しいです。



ナイトテラスカフェ – Vincent Van Gogh