ナイトウォーク – 細田アゼイ

ナイトウォーク   細田アゼイ

彼らは日本で非常に人気があり、有望なカットや光と影のモデリングを悪化させ、画像の立体感を伝えるために、最初に鏡に映し出され、次に虫眼鏡で拡大される装置であるカラクリのぞきを使ってデモンストレーションされました。日本の有名な画家やグラフィックアーティストの多くは、線形遠近法とキャロスクロの法則を習得する過程で、メガネを生み出しました。その中には、まるやま岡、芝公館、そして奥村正信自身がいます。

しかし、すぐに中国のメガネの模倣を後に残して、マスター – 知覚者はサンプルとしてオリジナルの情報源を取りました – オランダの金属彫刻。西洋の芸術的伝統に訴えることは、日本の芸術の歴史の中で重要な瞬間です。その後、すべての困難にもかかわらず、ヨーロッパの影響は次第に増加しています。江戸時代の多くの現象、特に芸術的な現象は、ヨーロッパの芸術的伝統の明白で重要な参加によって形成されています。



ナイトウォーク – 細田アゼイ