ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い – Albrecht Durer

ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い   Albrecht Durer

彫刻「ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い」の中で、アルブレヒトデューラーは、神学者ヨハネの本「黙示録」の第12章を説明しています。

「そして天国での戦争があった。マイケルと彼の天使たちは龍と戦った、そして龍と彼の天使たちは彼らと戦ったが、彼らは我慢できず、天国に彼らのための場所はなかった。

そして偉大な竜が投げ出され、宇宙全体を欺く悪魔とサタンと呼ばれる古代の蛇が地球に投げ出され、そして彼の天使たちが彼と共に投げ出された。」

芸術家は彼がドラゴンの口の中で槍を叩いた瞬間に大天使ミカエルを描いた。雷のような長い光の槍。モンスターはひっくり返って、ひどい高さから地面に倒れました。剣と矢を持つ大天使ミカエルのホストは、闇の生き物を完成させます。勝利は容易ではありません!大天使の手、刀剣の激しいスイング、緊張したぎゅうぎゅうの手に途方もない努力が感じられます – ひどい戦いは空に激怒します。

そして、この戦いが迫っている黒い雲の下で、地球は再び見えています。地球上で明るい日。静かで平穏な距離。これは小さなコーナーではありません、これは巨大な広がりです – 世界の風景の具体化:山、丘、木々、街。風景は黙示録の他の風景についてすでに言われたほぼ同じ言葉で説明されなければなりません、しかしこれは本質的に、まだ同じ風景です。同じ船が海に浮かび、同じ木が道に沿って伸び、同じ街が塔の尖塔を空へと持ち上げます。

Albrecht Durerは、地球によって獲得された静けさの感覚を最も強く伝えているという驚くべき詳細を見つけます。街の入り口の橋の前障壁はもてなしに上げられています:危険はもはや住民を脅かしません。これはほとんど目立たない詳細です。彼女は印刷物で見られる必要があります。しかし、Durerがそのような詳細を思いついたときはなんて幸せだったのでしょう。それは雄弁に世界についてこれを言っているように、開いている市の門は、障壁を上げました!



ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い – Albrecht Durer