トルコの女の子とムーア風呂 – Jean Leon Jerome

トルコの女の子とムーア風呂   Jean Leon Jerome

私的な手紙の中でA. S. プーシキンはかつてコメントした:「お風呂は私たちの2番目の母親です」。それは眉ではなく、目では言われていません!ロシア人にとって、入浴日は特別で、ほとんど聖なる日です。しかし、ヨーロッパ人と東部人にとって、すべてがまったく異なります。ちなみに、東から十字軍までの間に、悟りを開いて文明化されていると考えられていたヨーロッパ人が、風呂について全く知らなかったのは驚くべきことです。ローマの言葉の記憶さえもよく失われました。

フランスの芸術家Jean-LeonJérômeは、東洋風呂とその中の裸の女の子のイメージに繰り返し目を向けました。通常の写真の鑑賞でさえ、これらの浴場についての考えを得るのに十分であり、白黒両方のロシアの浴場とムーア人の浴室の間には天国と大地があることを自分で理解することができます。

はい、もちろん、彼らは彼ら自身を完全に裸で洗います、しかしそうでなければ…広いスペース、高い天井、アーチ型の開口部、タイル張りのパターン化された床。この階の瓶には、おそらく別の種類の香があります。完全に服を着た使用人の姿は、もちろん対照的に見えますが、使用人はハーレムの魅力的な住民に目を上げようとはしませんでした – あなたの場所を知っています!写真の主な「ハイライト」は、アーチ型のドームの真下から叩く日光の流れで構成されています。



トルコの女の子とムーア風呂 – Jean Leon Jerome