トリプティク「はりつけ」 – Rogier van der Weyden

トリプティク「はりつけ」   Rogier van der Weyden

この三部作の中央パネルは、十字架のふもとに立っている神の母、神学者ヨハネと恩人とのはりつけの場面を描いています。サイドパネルには、見る人はMary Magdalene – 彼女が手に持っている世界がある船で容易に認識できる – と、刻印されたキリストの顔が刻印されたボードを持っているSaint Veronicaを見る。各シーンは、金色の額縁を模した境界線で囲まれています。

私たちが誰が十字架のふもとに芸術家によって置かれた恩人であるかについてはわかりませんが、彼らの衣装によって我々は絵が1440年代に起因するべきであると決めることができます。さらに、彼らの報酬は、彼らが金持ちではなく、そして高度な社会に属していなかったことを示しています。

トリプティクは、ロギエ・ファン・デル・ヴァイデンの先生であるロバート・カンペンの絵を彷彿とさせますが、ここでは若いマスターは彼のメンターよりもはるかに自由にそしてもっとリラックスしたポーズで数字を書きます。さらに、彼は大胆で、ほとんど革命的な革新をあえてします:風景を3つのパネルに「引き伸ばします」。その頃は珍しく、Rogirは書いている、そして神の母 – Mary Magdaleneは伝統的に十字架の足を抱いて描かれていた。私たちに降りてきたトリプティクの多数のコピーは、彼がマスターの同時代人たちに大きな印象を与えたことを示します。



トリプティク「はりつけ」 – Rogier van der Weyden