トリニティ – ロバート・カンペン

トリニティ   ロバート・カンペン

三位一体をイメージした部分は、女性像の構図と同じくらい概念上顕著です。これは最も古いものではないにしても最も古いグリザイユの標本の一つであり、祭壇の外側に石の彫刻を模したものです。その考えは、祭壇の閉じた側がその背後にある教会の壁と融合しているような錯覚を生じさせただけでなく、休日に開く扉の豊かな色とのコントラストを強調する内部の劣ったイメージであることが判明するはずです。錯覚と現実の間にも相互作用があります。

塗装されていない石の彫刻のように、彫像は多角形の台座の隙間に置かれています。父なる神の沈没した弟子たちは、ニッチの観点から見てわずかに右を向いています。彫刻は非常に信じられます。それらの輪郭の現実はそれらを覆う色のおかげで彼らが生き返ったという印象を与えますが。死んだイエス様はまだ彼の側で傷を示しているようです。

このシーンの隠れた意味は、Pietaテーマの現実的な伝達です。右側の窓からの明るい光によって作成された影と半影は、作品のリアリズムを悪化させます。ディジョンで働き、バレンシアンで彼の有名な前任者アンドレ・ボネフを創作したクラウス・スルターの彫刻は、彼らの目に見える三次元空間でこの作品の近くにあります。カンペンはそれらを見たに違いない。マスターの作品はボードに取り付けられた細いリネンのグリザイユで書かれています。祭壇の扉の外側にある他の絵も同じデザインをしています。おそらく、開会中にそれらを教会の壁の湿気から守るためです。



トリニティ – ロバート・カンペン