トリニティ・セルギー大修道院のバザール – コンスタンティン・ユオン

トリニティ・セルギー大修道院のバザール   コンスタンティン・ユオン

冬 日曜市の日。お祭り騒ぎの群衆がLavraの城壁に集まります – 徒歩で農民、商人、裕福な一般人 – みんなバザールに駆けつけます。誰かが家の中で必要なものを買うようになりました。逆に、売るために、他の誰かが買うことに決めなかった、しかし今のところ価格を尋ねることに決めました。そして、誰が単に商品を見て、人々を見て、正しい人に会い、ニュースを聞いて、ゴシップをするでしょう。しかし、ヒッチマンは彼の商品を賞賛します:「私の義母のようなパイ、美味しくて、熱くて、誰も焼きません!白い雪を背景に、赤、青、黄色の農民の服、そり、風船の束が鮮やかな色で咲いています。絵は楽しい気分です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

トリニティ・セルギー大修道院のバザール – コンスタンティン・ユオン