デューラーアルブレヒト

マリアの芝生のベンチ – Albrecht Durer

銅の彫刻「芝生のベンチのメアリー」ここではそれは以前の切片彫刻よりも古いようです。ショールが彼女の頭を包みます。彼女は息子のふっくらとした手を優しく抱きしめた。その感情は芸術家を駆り立てました –

1484セルフポートレート – Albrecht Durer

厚手の粗い紙の長方形のシートの上に、少年は自分を半回転させて描いた。この自画像を見ると、初めてではなく鉛筆を取った手で描かれていると感じます。図面はほとんど修正なしに、即座にそして大胆に作られました。肖像画の顔は真剣で焦 […]

93歳の男性に関する研究 – Albrecht Durer

デューラーは彼の人生を通してこのジャンルで働いていて、優れたドラフトマンでした。彼の絵はインスタントスケッチ、複雑な構図、そして将来の絵画のための詳細なスケッチを含みます。この種の多くの作品は独立した作品と見なすことがで […]

26歳での自画像 – アルブレヒト・デューラー

このDürerの「自画像」は、芸術家の社会的地位の肯定に対する彼の懸念の明確な証拠です。慎重に書かれた衣装の詳細は、私たちに周囲の世界の細部を伝え、私達が彼自身の言葉を思い出させるという著者の比類のない能力を示しています […]

四使徒 – アルブレヒト・デューラー

絵「四使徒」は、使徒 –

ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い – Albrecht Durer

彫刻「ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い」の中で、アルブレヒトデューラーは、神学者ヨハネの本「黙示録」の第12章を説明しています。 「そして天国での戦争があった。マイケルと彼の天使たちは龍と戦った、そして龍と彼の天使たちは

放蕩息子の帰還 – アルブレヒト・デューラー

福音のたとえ話の中でも、特に人々の近くにあり理解しやすいものは、放蕩息子のたとえ話です。「ある男は二人の息子を持っていた、そしてその子の父親は言った:父よ、私にその土地の次の部分をください。そして父は彼らに土地を分けまし […]

Jerome Holtschuera – Albrecht Durerの肖像

ニュルンベルク市議会議員、ジェローム・ホルチュエラのメンバーであるデュラーの親友のイメージは、芸術家の最も高品質でワークショップの肖像画の一つです。モデルの燃えるような目の恐ろしくて用心深い外観はすぐに注目を集め、このイ […]

憂鬱 – アルブレヒトデューラー

“憂鬱” –

交差点でヘラクレス。彫刻 – アルブレヒトデューラー

1500年代の変わり目に、Durerは銅と木の上に一連の彫刻を作りました。そこでは、若いマスターの探求は明確に定義されました。 これらの彫刻は、宗教的、神話的、または寓意的なプロットが含まれている場合でも、主に地元の人格

風刺の家族。彫刻 – アルブレヒトデューラー

1500年代に、Dürerの仕事に変化が起こりました。初期の作品の情熱とドラマは、バランスと調和によって置き換えられました。叙情的な経験を盛り込んだ落ち着いた物語の役割が増えました。 芸術家はプロポーションを研究し、裸体

アーティストの父親の肖像 – Albrecht Durer

芸術家の父親の肖像画 –

マドンナと子ナシ – Albrecht Durer

「赤ん坊とナシのマドンナ」 –

天使と7つのトランペット。彫刻 – アルブレヒトデューラー

芸術家の作文は、文章で一貫して説明されているいくつかの出来事を組み合わせています:天使によってパイプを受け取ること、天使の1人によって地面に向けて火でセンサーを傾けること、ひどい災害を引き起こす最初の4本のパイプの音

ライオンスレイヤーのサムソン – Albrecht Durer

「サムソンがライオンを殺害する」という刻印。ここでは力、怒り、危険、強い体の動きが表現され、そこには魂の強い動きが表現されています。デュソンはサムソンとライオンとの出会いについて語ったところを「ジャッジの書」で読み返しま […]