デューラーアルブレヒト

マリアの芝生のベンチ – Albrecht Durer

銅の彫刻「芝生のベンチのメアリー」ここではそれは以前の切片彫刻よりも古いようです。ショールが彼女の頭を包みます。彼女は息子のふっくらとした手を優しく抱きしめた。その感情は芸術家を駆り立てました –

1484セルフポートレート – Albrecht Durer

厚手の粗い紙の長方形のシートの上に、少年は自分を半回転させて描いた。この自画像を見ると、初めてではなく鉛筆を取った手で描かれていると感じます。図面はほとんど修正なしに、即座にそして大胆に作られました。肖像画の顔は真剣で焦点が合っています。悪魔の柔らかさは父親のようです。非常に若い、おそらく、少年の外観は13年を与えません。彼は幼稚なふくよかな唇、滑らかに定義された頬を持っていますが、幼稚な固視はしていません。見た目にはある程度の奇妙な点があります。彼は自分の内側に向いているようです。 図面はほとんど修正なしに、即座にそして大胆に作られました。肖像画の顔は真剣で焦点が合っています。悪魔の柔らかさは父親のようです。非常に若い、おそらく、少年の外観は13年を与えません。彼は幼稚なふくよかな唇、滑らかに定義された頬を持っていますが、幼稚な固視はしていません。見た目にはある程度の奇妙な点があります。彼は自分の内側に向いているようです。

93歳の男性に関する研究 – Albrecht Durer

デューラーは彼の人生を通してこのジャンルで働いていて、優れたドラフトマンでした。彼の絵はインスタントスケッチ、複雑な構図、そして将来の絵画のための詳細なスケッチを含みます。この種の多くの作品は独立した作品と見なすことができます。 ほとんどの場合、芸術家はペンとインクで描きましたが、巧妙に所有されていると他のテクニック

26歳での自画像 – アルブレヒト・デューラー

このDürerの「自画像」は、芸術家の社会的地位の肯定に対する彼の懸念の明確な証拠です。慎重に書かれた衣装の詳細は、私たちに周囲の世界の細部を伝え、私達が彼自身の言葉を思い出させるという著者の比類のない能力を示しています。Durerの手はテーブルの上に横たわっているかのように折り畳まれています。同時に、それらは手袋で覆われています –

四使徒 – アルブレヒト・デューラー

絵「四使徒」は、使徒 –

ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い – Albrecht Durer

彫刻「ドラゴンとの大天使ミカエルの戦い」の中で、アルブレヒトデューラーは、神学者ヨハネの本「黙示録」の第12章を説明しています。 「そして天国での戦争があった。マイケルと彼の天使たちは龍と戦った、そして龍と彼の天使たちは彼らと戦ったが、彼らは我慢できず、天国に彼らのための場所はなかった。

放蕩息子の帰還 – アルブレヒト・デューラー

福音のたとえ話の中でも、特に人々の近くにあり理解しやすいものは、放蕩息子のたとえ話です。「ある男は二人の息子を持っていた、そしてその子の父親は言った:父よ、私にその土地の次の部分をください。そして父は彼らに土地を分けました。彼が住んでいたとき、その国の大きな滑らかさが来て、そして彼は必要とし始め、そしてその国の住民の一人に立ち往生し、そして彼は豚を養うために畑に彼を送りました彼は自分のところに来て、私の父がパンを超えて持っていた傭兵の数を言った、そして 私は飢えで亡くなっています!私の父親のもとへ行き、彼に言います。父よ、私は天に対して、そしてあなたの前で罪を犯しました。」悔い改めた息子は父親のもとに戻り、喜んで彼を受け入れました。

Jerome Holtschuera – Albrecht Durerの肖像

ニュルンベルク市議会議員、ジェローム・ホルチュエラのメンバーであるデュラーの親友のイメージは、芸術家の最も高品質でワークショップの肖像画の一つです。モデルの燃えるような目の恐ろしくて用心深い外観はすぐに注目を集め、このイメージが持つ内部表現の力に魅了されます。 肖像画の絵の表面の解釈では、Durerは彼の前身である15世紀のオランダの巨匠の足跡をたどり、モデルの外観のあらゆる特徴を思いがけないほどの詳細さで再現することができました。それらのように、驚くべき芸術を持つ芸術家は文字通りひげのすべての髪と彼のヒーローの頭を列挙します、その瞳孔の中で芸術家の工房の窓覆いの顕微鏡的な反射を見ることができます。

憂鬱 – アルブレヒトデューラー

“憂鬱” –

交差点でヘラクレス。彫刻 – アルブレヒトデューラー

1500年代の変わり目に、Durerは銅と木の上に一連の彫刻を作りました。そこでは、若いマスターの探求は明確に定義されました。 これらの彫刻は、宗教的、神話的、または寓意的なプロットが含まれている場合でも、主に地元の人格が顕著なジャンルのシーンを表しています。しかし、風景の水彩画と同じように、ちょっとしたことが主なポイントをどこにでも覆い隠すことはありません。