ディオニュジウスとワークショップ – トーマスの保証

ディオニュジウスとワークショップ   トーマスの保証

それはPavlovo-Obnorsky修道院の三位一体大聖堂のiconostasisのお祭り列から来ます。アイコンはイースターの後の最初の日曜日に正教会によって祝われた休日の構成の図像的な特徴の1つを表します。プロットはヨハネの福音書のテキストに戻り、弟子たちに復活したキリストの姿と、救い主の傷を認め、それによって彼の復活の真実を確信したトマスの保証について語っています。

福音書のナレーションに従って、イエス・キリストは、閉じられた扉の背景にある構成の中心に描かれています。彼の両側には、コンパクトなグループが10人の使徒で、復活した先生のビジョンが尊敬されています。左側の手前 – 使徒トーマス。トーマスの姿は、描かれている他の物の服の束縛された調子とは対照的に、明るいシナバーマントによって構成の中で強調されています。

リズミカルな繰り返しの原則は、アイコンの構成において重要な役割を果たします。救い主の細長い体型は、彼の背後にある戸口と相関しています。それは、キリストの言葉を思い出すことを可能にします:「私は扉だ。誰かが入るなら、私は救われる」。右腕の輪郭が肘で曲げられ、左下の線が建物の屋根の斜面に繰り返されています。

この構成上の構造は、アイコングラファーが全体の驚くべき調和を達成することを可能にします。そして、それは繊細な白くされたトーンの優位性と絶妙な色の組み合わせの上に構築されます


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

絵の説明と意味 ディオニュジウスとワークショップ – トーマスの保証