テミスとしてのCatherine II – ミハイル・コズロフスキー

テミスとしてのCatherine II   ミハイル・コズロフスキー

キャサリン2世の彫刻像では、理想的な国家権力の個人的な寓意的な像が変化し、それが大衆の意識を作り出し、そして大部分は皇后自身を形成しました。このイメージの発展は、他の現象とともに、18世紀の最後の3分の1のロシアの視覚芸術における古典主義の出現と発展を反映していました。

一般的に、1770 – 790年代の彫像のプラスチックは寓意的な比較の広い範囲によって区別されました。肖像画とイデオロギー的な意味の両方で卓越した頂点は、ロシアの悟りの高尚な理想が完全に表現されたF. I. Shubin「Catherine II – 議員」の記念碑的な作品でした。

皇后陛下はミネルバのイメージで描かれています、将来的には女神シベレ、神の母とすべての地上のものの愛人、都市と州の愛好家が表示されます。キャサリンの死の年に終わった大理石像のM. I. コズロフスキーは、テミス、正義の女神の寓意的な属性を彼女に提示しました。



テミスとしてのCatherine II – ミハイル・コズロフスキー