ティベリアス湖(ジェニサレット) – ヴァシリー・ポレノフ

ティベリアス湖(ジェニサレット)   ヴァシリー・ポレノフ

これには、ある種の運命の皮肉があります。Polenovは、一般に認められている風景画の天才であり、彼自身が自分の作品の中で最も重要な絵画、宗教的テーマに関する絵画と考えています。そのような作品のひとつが「ティベリアスの湖畔」です。

画家は福音の語りをとても愛していました、プロットは素朴で純粋で、道徳的倫理の高い人間であると考えました。彼の作品では、Polenovはキリストの言葉に従いました。そして、彼は彼自身を人の子と呼び、画家は彼をこのように描写しました。彼がキリストを描写している最も重要な作品の一つは提示された絵です。見物人は石と岩で完全に覆われた海岸に沿っているように見えます、救い主はゆっくりとそして静かにさまよいます。

絵の感情的な面は全体的に風景の上に構築されています。穏やかな、曇りのない空にちょっと裂かれた、穏やかな水っぽい表面は、楽しい青とターコイズブルーのパレットで再現され、絵に平和と内側の明瞭さを与えます。穏やかな山の斜面でさえも、この雰囲気を強化するようです。とても調和のとれた、すべてのこの卓越した処女の美しさの中で、人は刻まれています。

映画の中で牧歌的に表現されているにもかかわらず、それは決して内部のダイナミクスとペースを欠いているわけではありません。このテンポだけがとても遅くてかなり大きいです。作者は、神がまだ生きている世界、彼の足が地球に触れる世界の一部を描きました。そこでは、彼の急いでいないステップが悟りと平和をもたらします。

宗教的な主題に関する他の作品と一緒にこの絵を初めて発表したので、Polenovはすぐに注目の的になりました。画家が彼の絵に置いた深い哲学的思考、単純さ、アクセスしやすさ、心のこなしは、世間に気づかれることはないでしょう。それは全く新しいビジョンとクリスチャンのプロットの読み方でした。プロの厳しい批評家と一般の人々は最も熱心な言葉で写真に答えました。



ティベリアス湖(ジェニサレット) – ヴァシリー・ポレノフ