初期ルネサンス時代の画家、コジモツアーは、フェラーラのヘルツェグスであるエステの家の宮廷画家でした。「聖者のいるピエタ」という作品は、フェラーラの聖ジョージの祭壇の一部です。 ピエタは十字架上で死なれたキリストの追悼です