チェリーボーイ – エドゥアールマネ

チェリーボーイ   エドゥアールマネ

キャンバスは1858年に書かれました。エドゥアールマネはフランスの偉大な芸術家です。彼は彫刻にも取り組んでいて、印象派の創始者の一人でした。彼の創造的なキャリアの初めに、マネは当時非常に有名だったクチュールと一緒に働き始めました。彼のワークショップでは、彼は多くの時間を費やしました、しかし彼はその時の絵に満足していませんでした。芸術家が働いていた部屋に、見習いのアレクサンダーがいました。その少年は15歳で、工房を掃除して、小さなことをしました。

たてがみは子供との友情を築きました。彼はそれを自分のキャンバスに描き始めました。その少年の活気とエネルギーは彼を刺激しました。マネは人生から書いて、またさらなる仕事のためにスケッチを作成しました。絵「さくらんぼの少年」はまさしくその少年 – 弟子を描いています。彼の遊び心のある目は見る人を見ます。顔は日光で強調表示されます。マネは肖像画の偉大な達人でした。しかし、一見静かで美しい作品には悲劇的な歴史があります。

一度、彼がワークショップに来たとき、マネはアレキサンダーを見つけませんでした。彼は彼を捜し始めました、そして、彼がどのように彼が隣の部屋で自分を絞首刑にしたかを見つけました。体はすでに寒かった、そして細いロープは首に強く衝突した。これはアーティストにとっては人生の衝撃でした。この話はボードレールのロープのテーマにもなっています。

たてがみは彼が長い間見たものから回復することができませんでした、彼は彼自身のために新しいワークショップを探していました。しかし至る所で彼はかつて彼の肖像画のためのインスピレーションになったアレキサンダーのイメージによって追求されました。Maneは部屋を借りることが可能だった多くの住所を回った。彼が適当な場所を見つけたら、しかし壁に釘を見たとき、彼は走り去った。彼はいつも絞首台をぶら下げているようだった。この陽気で遊び心のある少年はどうやって彼にこれをやることができましたか。もちろん、この物語は世界の芸術の歴史に入りました。写真はフランスです。



チェリーボーイ – エドゥアールマネ