ダークキングダム – ティムホワイト

ダークキングダム   ティムホワイト

邪悪な暗い世界、あるいは私たちの惑星の将来の可能性についての現代の神話。ティムホワイトの絵画「ダークキングダム」では、金属くずの溶けた山のようなばかげた建物は、恐ろしい普遍的な大災害の結果のように見えます。白いふわふわの雪の吹きだまりの中で、一人でホームレスの暗いベールに包まれた男は、絵の活気のない空間を活気づける唯一の生きている性格です。幻想的な風景は、クリーム色の空と雪の上の夕方の青い影の素晴らしい暖かい色調が与えられています。



ダークキングダム – ティムホワイト