ダフニスとクロエ – ヴィクター・ボリソフ=ムサトフ

ダフニスとクロエ   ヴィクター・ボリソフ=ムサトフ

「ダフニスとクロエ」 – ロングの作品に基づく、うれしそうな、人生を肯定する絵。行動はエーゲ海のギリシャのレスボス島の村で行われます。2匹の羊飼い、1匹の放牧ヤギ、もう1匹 – 羊、1匹は奴隷、もう1匹は自由でした。ある日、山羊小屋は彼の山羊がどのようにして冗談を言っている赤ん坊 – 男の子、そして彼と一緒に紫色のおむつ、金の留め金、そしてアイボリーのハンドルを持ったナイフを食べているのを見ました。コゾパスはその少年を養子にし、彼をダフニスと呼んだ。少し時間が経ちました、そしてまた、羊のブリーダーは、彼の羊が子供を投げ上げたのを見ました – 女の子と彼女と一緒に金、金色の靴と金のブレスレットで刺繍された包帯。

羊のブリーダーは彼女を養子にして彼女のクロエと呼んだ。時間が経つにつれて、両方の財団は一緒に育ちました。Daphnisは15歳、Chloeは13歳で、どちらも素晴らしい美人になりました。彼はヤギ、彼女は羊を飼った。彼らは友達であり、戯れ、そしていたるところで、そしていつも一緒でした。ある夏、トラブルがダフニスを襲った。彼はつまずき、オオカミの穴に落ち、そしてほぼ死んだ。クロエと彼女の隣人は彼をピットから引きずり出した、そしてそれから女の子は片付けをするために流れにダフニスを連れて行った。そして、ここで初めてクロエはダフニスがどれほど美しいかを見て、以前には理解できなかった興奮 – 愛の最初の興奮を感じました。隣人はダフニスと議論しました、それらのうちどれがより美しく、クロエに彼らの論争を解決するように頼みました。クロエがやってきてダフニスにキスをしました。そしてこのキスの後、ダフニスはまた愛の最初の興奮を感じました。

秋が来ました。ぶどう休みです。DaphnisとChloeはまだ一緒に楽しんでいます。それから羊飼いは彼らに愛の神、エロスが世界を支配し、そして彼の呪文から逃げることは不可能であると言った。ダフニスとクロエが彼らの興奮の理由を理解したのはその時だった、そして今彼らは抱きしめ、キスを始めたが、それ以上は行かなかった。翌年の夏、新郎はクロエを懇願し始めました。ダフニスは貧乏だったので悲しんでいます。しかし一度彼は豊かな宝物を見つけ、養父母は若い恋人たちと結婚することにしました。意外なことに、子供たちと一緒に投げられたことで、彼らは本当の両親を持っていました。結婚式が行われました。「そして、クロエは、彼らがオークの森でダフニスと一緒にしたことは、ただ羊飼いの冗談だということに気づいた」と語った。ダフニスとクロエはその後もずっと幸せに暮らしていました、そして、彼らの子供たちはヤギとヒツジを与えられました。



ダフニスとクロエ – ヴィクター・ボリソフ=ムサトフ